ナイシトール 防風通聖散 通販

ナイシトール防風通聖散の通販@3種類の違いと成分・価格を比較!

 

皮下脂肪を分解、燃焼する効果が認められている医薬品の「防風通聖散」。

 

小林製薬のナイシトール(防風通聖散)を通販で買いたいけど困った!

 

ナイシトールシリーズの違いは何なの?

 

成分や処方量の違いは?

 

コスパが高くてお得に買えるものを知りたい!

 

このような悩みはこの記事で解決できるでしょう。

 

 

ナイシトール防風通聖散の成分比較!

ナイシトール防風通聖散にはそれぞれどんな違いがあるでしょうか?比較検討してみましょう。

 

 

「ナイシトール」の名前で販売されている防風通聖散はこの3つ。

 

左から、

 

ナイシトールZ、ナイシトールG、ナイシトール85a

 

です。

 

商品名 販売元 価格 入り数 1日当たり 有効成分量 原生薬量 処方量 形状
ナイシトールZ 小林製薬 6,000円 315粒(21日分) 285円 5000mg 27.1g 満量処方 錠剤
ナイシトールG 小林製薬 5,200円 336粒(28日分) 186円 3100mg 16.77g 6/10量 錠剤
ナイシトール85a 小林製薬 4,500円 280粒(28日分) 161円 2500mg 13.55g 1/2量 錠剤


こうして表にすしてみるとものすごくわかりやすいですが、

 

生薬の濃度の違いです。

 

濃いほど防風通聖散としての効果が高く、薄いと低くなります。濃いほど価格も高く、薄ければ価格も安くなります。

 

 

ナイシトールZ

 

上の3製品の中で、一番高い効果が期待でき、値段も一番高いものが、ナイシトールZです。

 

シリーズの最高峰とも言うべきでしょうか。俳優の松重豊さんを起用したCMで手に持っているのもこの「ナイシトールZ」ですね。

 

 

防風通聖散漢方薬の最大量を配合しています。この最大の量を配合しているものが「満量処方」といいます。

 

ナイシトールG

 

では2番目、ナイシトールGはというと、原生薬量が16.77gとなっていて、これは満量の27.1gに対して約6/10の量です。
ナイシトールGは、ナイシトールZの6割程度の生薬の濃さということになります。

 

値段も6割程度ならいいのですが、そうはいかないようですね。こちらはコスパ的にはあまり良くありません。

 

ナイシトール85a

 

同じように、ナイシトール85aになるとナイシトールZの半分の生薬の量が使用されています。

 

 

ナイシトールシリーズの選び方は?

小林製薬さんの公式サイトでは、一番効果が期待できるナイシトールZを「肥満症に悩んでいる方」「昔よりお腹周りの脂肪が落ちにくくなった方」向けであると書かれています。

 

ナイシトールGでは「お腹周りの脂肪が気になる方」

 

ナイシトール85aでは「お腹の脂肪が気になる方」となっています。

 

 

ちなみにナイシトールZは、病院で処方される漢方薬と同じ配合量です。

 

この夏こそは!絶対に痩せたい女性

 

効果の高い医薬品で確実性を高めたい男女

 

努力してもお腹の脂肪が全然落ちない(涙)という中高年

 

など、本気度の高い方向けであるといえます。

 

防風通聖散は、便秘の改善効果効果もありますので、お腹の弱い方や初めてだから安全を取りたいという方は効果の緩やかな防風通聖散を選んだ方がいいかもしれません。

 

ですが、防風通聖散を検索しているということはかなり本気度の高い方だと思いますので、これを読まれている方のほとんどが満量処方に興味があるかと思います。もっともコスパが良いのがやはり満量処方のナイシトールZです。

 

各製品の価格比較を載せましたので、利用ください。(最新の価格が比較できます。錠数に注意してください。)

 

ナイシトールZ ナイシトールG ナイシトール85a
最安値:4200円程度

Amazonで最安値をチェック
楽天市場で最安値をチェック
Yahooショッピングで最安値をチェック

最安値:3400円程度
Amazonで最安値をチェック
楽天市場で最安値をチェック
Yahooショッピングで最安値をチェック

最安値:3200円程度
Amazonで最安値をチェック
楽天市場で最安値をチェック
Yahooショッピングで最安値をチェック

 

 

満量を選んだ方、ナイシトールZからの乗り換えにおすすめ!

 

満量を選んだ方や、ナイシトールZからの乗り換えを検討している方は、おすすめの防風通聖散がこちらです。

 

生漢煎」というところの防風通聖散で、小林製薬やロート製薬のようにCMなどはやっていませんが、中身は全く同じ防風通聖散であり、満量処方、しかも格安で買えるのです。

 

定期購入というものがあり、続けてもかなり安く買えるのですが、ネット限定で初回の値段がかなり安いので、防風通聖散が初めてで試してみたいという方や、ナイシトールは効くんだけどもっと安いのないかな?という乗り換えの方にもおすすめです。

 

CMもやっていてメジャーな小林製薬に比べるとマイナーな印象を受けますが、全国に調剤薬局やドラッグストアを900以上展開しているアイン製薬という会社が販売しているので信頼度もまずまずです。

 

生漢煎 防風通聖散最安値サイトはこちら

 

 

それぞれの防風通聖散を比べてみましょう。

 

商品名 販売元 価格 入り数 1日当たり 有効成分量 原生薬量 処方量 形状
ナイシトールZ 小林製薬 6,000円
(最安4200円程度)
315粒(21日分) 285円
(最安204円)
5000mg 27.1g 満量処方 錠剤
ナイシトールG 小林製薬 5,200円
(最安3400円程度)
336粒(28日分) 186円
(最安121円)
3100mg 16.77g 6/10処方 錠剤
ナイシトール85a 小林製薬 4,500円
(最安3200円程度)
280粒(28日分) 161円
(最安114円)
2500mg 13.55g 1/2処方 錠剤
生漢煎防風通聖散 アイン製薬 3,900円(初回)
5,900円(定期)
90包(30日分) 130円(ネットのみ初回)
196円(定期)
4500mg 27.1g 満量処方 顆粒


生漢煎の防風通聖散は1日あたりの価格で比べると、130円と断然安いことがわかります。ただし、これはネットで初回買う人のみの価格です。

 

定期購入の2回目からの価格でもネット通販最安値よりも安いという結果になりました。(定期購入はいつでも解約できます。)

 

ちなみに、有効成分量がナイシトールZよりも少ないのですが、漢方は「原生薬量」と「処方量」で比べるので、特に劣っているということはありません。(下記に記載)

 

これから防風通聖散をお得に購入していきたいんであれば、生漢煎の防風通聖散は見逃せません。

 

 

「原生薬量」と「有効成分量」

ナイシトール防風通聖散の通販@3種類の違いと成分・価格を比較!

 

原生薬量とは、原材料となる生薬の量のこと。漢方薬は料理のレシピのように、〇〇が何g、〇〇が何g、、、それらを同じ比率で混ぜ合わせて作られるため、どこの会社が作ろうが、配合比率は決まっています。

 

ただ、「有効成分量」という言葉には各社でバラついていて、抽出した乾燥粉末を「有効成分量」とする会社もあれば、デンプンなどの添加物を加えたものを「有効成分量」としている会社もあります。また、有効成分量という言葉を使わず、何の量なのかがはっきりしない会社もあるのです。

 

このように、漢方は有効成分量で比べても意味はなく、原生薬量処方量で比べると実は同じだったということはよくあります。

 

満量処方の防風通聖散は原生薬の量が27.1gなのです。

 

以上のように、防風通聖散で効果に差があるとすればその濃度です。なんとしても脂肪を落としたい!という本気度の高い方は、「満量処方」のものを選ぶこと。そして原生薬量価格で選んでしまうのが、最も簡単な選択なのです。

 


⇒生漢煎 防風通聖散【初回半額キャンペーン】はこちら